徳先生、您好!

徳先生」とは、「德莫克拉西(Democracy)先生」と「賽因斯(Science)先生」という二つの近代思想こそが、中国の新しい時代を切り開くと喝破した1919年の「五四運動」の旗手、陳独秀が使ったことばです。1989年春の民主化運動でも「徳先生、您好!」という横断幕が登場しました。陳独秀は「この二人の先生を守るためなら、いかなる政府からの弾圧でも、あるいは社会的な嘲笑を受けようとも、血を流すことさえも厭わない」と述べています。香港と中国の未来を切り開く「徳先生」、こんにちは!

hello_00.jpg

hello_01.jpg

hello_02.jpg
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する